メイン画像
中国切手買取相場.com|だからあなたは騙された!口コミ評判業者 TOP中国切手の具体例色々 >古切手中国

買取額も高い、中国切手の古切手

中国の古切手と呼ばれるものには、高額査定がつきます。業者探しをしている中で高額買取についても知識がついたのですが、中でも希少なものは驚くぐらい高額な査定がついていますね。希少な切手も、ときにエラー切手が発生します。希少な切手自体プレミアがつくのに、それのエラー切手となるともう数千万円といった金額がつくことだってあると知りました。日本の切手のほうが高く売れるイメージはありますが、中国切手で古切手だったり希少なものだったりすれば、日本の切手より高く売ることができるでしょう。

中国切手の古切手は、旧中国切手などと呼ばれています。中国清朝が切手を初めて発行したのは1978年、大龍切手というものでした。最初の切手ですから、当然今となってはなかなか手に入らず、とても希少な切手です。

大龍切手大龍切手

中華民国時代の初期の切手や、旧満州国の切手などの古切手として今となっては手に入りづらく希少なものなので、高く売れる中国の古切手となっています。

そもそも出回っている数が少ないので、もしも持っていたら数千万円の価値になります。とても希少ですから持っている可能性は少ないのですが…高く売れる切手を所持していたら、きちんと価値を認めてくれる信頼できる業者に依頼してくださいね。