メイン画像
中国切手買取相場.com|だからあなたは騙された!口コミ評判業者 TOP中国切手の具体例色々 >中国切手赤猿

高額買取の中国切手、赤猿

「赤猿」と呼ばれている中国切手は、日本でも高額切手として有名です。別名は「子ザル」ともいいます。切手ブームのときに、中国切手の中でもとても貴重なものとして日本でもかなり人気が出ました。切手ブームのときにちょうど切手コレクターをしていたので、私は鮮明に覚えています。

発行は1980年で、中国最初の年賀切手だったとのことです。貼られて送られた郵便物から、赤猿は剥がされてしまったというエピソードがあるぐらい、多くの人が手にしたかった中国のプレミア切手です。毛並みも1本1本わかるぐらいに丁寧に描かれており、とても美しい切手なのです。金粉もキレイに輝いています。

赤猿赤猿

今でも世界中で人気がある切手でもあるので、とても価値が高いです。なんと発行から数十年後に売ったとき、1億円以上で売れたというエピソードまであるぐらいです。

赤猿には極上品というものがあります。猿の顔がきれいな金色をしているものは極上品と呼ばれています。擦れやヤケを猿の顔が金かどうかで判断するのです。赤猿は世界的な人気があるため、手に入れたいけど手に入れられない人が多いのが実態です。そのため、需要が高い状態が続きますので、これからも高く買取される高額切手といえるでしょう。