メイン画像
中国切手買取相場.com|だからあなたは騙された!口コミ評判業者 TOP中国切手を売買するテクニック >高額切手

中国切手の高額切手は買取額も高い

中国切手にも種類はたくさんありますので、どれが高額切手なのか、ある程度知っておく必要があります。知っておくことで、業者でどのように査定されるのか、大体の金額を考えておくこともできるでしょう。今回は特に高額で売れると有名な切手を紹介します。

一つ目に紹介したいのは、「中国切手全国の山河は赤一色」です。名前だけ聞くとどんな切手なんだろうと思いますが…見た目はとても美しく、その名のとおり山河が赤一色で彩られている見た目もインパクトがある切手です。未使用で数千万円になるなんていわれているぐらい、高額切手と聞きました。私もその切手が紛れていればいいなぁと思ったのですが…そういうわけにはいかなかったです。もしも持っている人がいれば、かなり高額が期待できるでしょう。

全国の山河は赤一色 全国の山河は赤一色

その他、「梅蘭芳(メイランファン)」という切手も高額切手です。「No.10A-051 子供たちよ科学を愛そう小型シート」「中国切手特集 92文1」などなど…まだまだ高額切手はたくさんあります。中国切手特集 92文1は文シリーズにひとつとなっていますので、他のシリーズとの違いを知っておきましょう。

「赤猿」「毛主席」関連切手なども、高く売れる切手の代表的な存在です。数千万円とはいかなくても、数十万円や数百万円になる高額切手たちです。見た目は極普通な切手ですから、ちゃんと1枚1枚確認して高額切手が紛れていないか確認してから売るようにしてください。

使用後か未使用かも金額は大きく左右するポイントです。もちろん使用後でもプレミアがつく切手もありますが、未使用で丁寧に保管されていたもののほうが、高額買取してもらえる切手といわれています。

梅蘭芳舞台芸術小型シート 梅蘭芳舞台芸術小型シート